リトープス (老人の独り言)

アクセスカウンタ

zoom RSS 稜の多いサボテン

<<   作成日時 : 2017/03/20 22:24   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

エキノフォスロカクタス
全体的に稜が多い
稜は比較的ストレートから
くねるものも

画像

名称は来た時の
名前から

今は之だけになってしまった
全て1998〜2001に来た
結構長く付き合ってもらっている

多稜玉
桐生へ行ったときに
画像

縮玉
画像

千波万波
画像

竜舌玉
画像

振武玉
花色からすると
振武玉ではないかも
縮玉?
画像

長棘振武玉
画像

画像











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
振武玉か縮玉という名
のサボテン、まだ蕾のようですが、気になったのが棘が蕾を守るように生えてるように見えますが
…?
長棘振武玉、すごい棘。
恐いですね。宝くじ一等 が当たったら当り券の隠し場所は是非ここに!
って感じです(^^)
ところで、つい最近多肉植物を扱っているお店で
「サボテンの骨」という物を販売していました。
初めて見ますが流木みたいで楕円形の多数の穴が開いて面白かったです。
ただ、サボテンの骨を造るが為に犠牲になったのかな…なんてふと思ったりもしました。
考え過ぎですね(>_<)
くに
2017/03/20 23:44
植物が花を咲かせるのは重要なことだと思うのですが、サボテンのトゲで不思議なところは開花を妨害しているように見えるものが時にあるということです。
何故か判りません。
サボテンの骨古い本を思い出し開いてみました。柱サボテンとか団扇サボテンの仲間に多いようですね。自生地では民芸品などに加工され売られているようです。
生きているサボテンからは骨は一寸想像できないのですがね。
白頭翁
2017/03/21 21:46
では、開花しないまま蕾として終わってしまうのでしょうか?棘にとって敵とみなすとか…?
サボテンとあの骨の太さ楕円形の穴、中々結びつきません。
くに
2017/03/21 22:38
開花と言えるかどうか疑問ではありますが、蕾よりは一応開きますしますしかし役に立っているのかどうか一寸疑問です。昆虫が隙間から潜り込んでくれるのかどうか判りません。
サボテンの大きさは我が家にも太さ約10cm高さ80cm程度のものはあります。但し骨がどの程度かはわかりません。自生地では電柱のようになるものもあるようですよ。
白頭翁
2017/03/22 22:45
棘を切って、咲かせてあげたくなっちゃいます。
その反面、どんな花が咲くのか想像で終わらせた方が夢があるのかなと思ったりもします(^^)
白頭翁様のサボテンも大きいですね、家にある1mの物差しで長さ太さを確認しました。
電柱のようなサボテンがあるなんで驚きです。
肥料もない渇いた大地でもそこまで大きくなるのですね。
いつも興味深いお話を有り難うございますm(__)m
くに
2017/03/23 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
稜の多いサボテン リトープス (老人の独り言)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる