リトープス (老人の独り言)

アクセスカウンタ

zoom RSS トランスルーケンス

<<   作成日時 : 2017/06/05 21:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

トランスルケンスの一部
変色
一時的なことと思うが
今までに記憶がない


最初に入手した
10種組み物に
唐藍玉というのが有った

具体的にどんなものだったか
記憶は消えている


translucensは
L.herrei にある

唐藍玉
これから来ていると思っていたが
島田本によれば
出所はここだが
唐藍玉はオリーブ玉の全窓タイプを
いったと有る

最初に戻って
トランスルケンスには
Cナンバーが二つ
herreiには五つある
その内二つに
グリーン系ではないような画像が有る
少し異なるが
こんなところから血を引いているのかも
単なる一時的な現象かも
別に弱っている様子もない

C236の一株が変わった
画像

他のC236
画像


色が変わることは
けっこうある
黄鳴弦玉 麗虹玉など
日照が弱いとグリーンが強くなる

ある種の日輪玉
栗色が黄緑色になる
ジャクソンジェイド ベッティスベリルと
区別がつかないほど

元に戻る
理由は判らない


トランスルーケンスの変色
グリーン系ではないほうへ
行っている
見守るしかない











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
C236、薄紫色でしょうか
ブログの最後に見守るしかない、という言葉がありましたが本来の色ではなく、好ましくない現象なのでしょうね。
私は好きな色です。
上品とか高貴な印象です。
くに
2017/06/06 22:22
隣と別の鉢のトランスルーケンス、比べると通常の色ではないことが判ります。今まで出たことの無い色で、こんな場合復帰してくれれば良いのですが。
あまりかけ離れた変色は警戒警報です。
白頭翁
2017/06/06 23:15
昆虫の話になりますが、小学生の男子が育てたカブトムシの羽の色が赤かったのをきっかけに実験を行ったようです。
まず、冬から夏までの気温を調べ4月と5月が60年間で2〜3度位上昇していると分かり、その1年後育てる場所の違いを作ったそうです。
4月と5月に日向と日陰に分け、何ヵ所かに水槽を置き毎日記録を付け、結果は日向が圧倒的な数で赤いカブトムシ、黒色はゼロ。日陰に置いカブトムシはやはり赤が多く黒は数匹だったようです。
この男子は温暖化が進めば黒いカブトムシはいなくなると考えていると書いてありました。

この実験は「黒カブトムシ減少の危機」と題して発表し優秀な研究に贈られる賞をとったそうです。

長文ですみません。
気温の上昇がリトープスの色にも関係するものなのかな、と思い文章にしました。
くに
2017/06/07 16:28
凄いことを考える小学生がいるるものですね。
リトープスの色に気温が関係するかしないか、小生には判断しかねます。あしからず。
白頭翁
2017/06/07 22:45
いつも返答、有難うございます。風鈴玉の帳面が割れてしまい水やりの時、量が多かったからかなとか日輪玉の横皺は日光の当たりすぎかなとか、まだまだ分からない事がありますが改善したら次に繋がるので、それも楽しみの1つにしていきたいです。
くに
2017/06/08 15:57
随分研究熱心ですね、きっと良いことに繋がるでしょう。
白頭翁
2017/06/08 22:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
トランスルーケンス リトープス (老人の独り言)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる