リトープス (老人の独り言)

アクセスカウンタ

zoom RSS Cナンバー無しの大津絵

<<   作成日時 : 2017/07/15 22:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

Cナンバーがあっても
ナンバーでは区別はできない
植物の分類ナンバーでは無く
自生地の管理ナンバーだから

特に大津絵は
色々な色が交錯する


大津絵は
otzenianaのもじり

大津絵というのは
江戸時代
近江の国大津辺り
お伊勢参りの土産に売られた有名な民芸絵画

仏画から始まったという
肉筆画から
大量生産に向けて版画に


FPと呼ばれるタイプ
アフリカFrik du Plooy ナーセリー由来
島田さんが訪問時に見出し持ち帰ったという
現在はFDPと呼ばれる
当初は
グリーンFP
グレイFPと

これも栽培中に変化する
グリーン系⇒グレイ系
画像

画像

画像


最近のFDP
画像

グリーンは
C128Aアクアマリンの
普通のものとFDP系


SHナンバー
これも色々
画像



栽培変種
’Green Attempt’
画像

’Cesky Granut’
画像

’黄緑大津絵’
最近緑色が勝ってきた
群仙園発
コールさんは
アクアマリンと同じと
最近は緑大津絵と
画像

4頭は友人から
1頭は古い信州紫
何だか判らない色合いになっていたが
今ようやく紫の気配が
戻りつつあるのであれば歓迎
画像

尼崎からの戴きもの
1頭だった
横に小粒の黄緑大津絵
両方同じ時に来た
画像

特殊モヨウ
群仙園のタグ
画像

出自不明
島田さんのコレクションからのはみ出し
相当以上に変化が有る
YS選抜
画像














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大津絵はリトープスを代表する人気品種ですが不思議な模様ですね。
リトープスの魅力は、一目で品種が分るような強烈な個性があって、なおかつ変異の幅が大きいことのように思いますが、そんな代表格かもしれませんね。
コレクション数の僅かな我が家にも数種居ますが、もっと増えそうです。
彩雲童子
2017/07/16 14:39
全てがそうですが、大津絵は特に変わった紋様で、それは脱皮とともに変わってゆきます。色の変化もあり面白い存在ではあります。
大津絵の紋様について、変化しないという説、2種類あって脱皮ごとに変わるという説が有ったりしました。
どこから出て来たのかわかりませんが。
白頭翁
2017/07/16 22:58
大津絵にも様々な色と模様があるのですね。
表面に殆んど模様がない画像がありました。個性的で独特な模様が持ち味だと思っていたので、逆に印象に残りました。
3枚目と4枚目は今まで見てきた模様とは違い、バリバリといみりが入ったような感じです。
3枚目の画像に薄いオレンジ色がかったもの、4枚目には綺麗な緑色の大津絵が4つ、更に1番最後の赤紫の大津絵が好きな色です。

大津絵についての説明有り難うございます。
頂いたお煎餅が入っていた袋に大津絵が描かれていました。
すぐに白頭翁様とあの独特な大津絵が頭に浮かびました。
くに
2017/07/17 00:33
大津絵は基本的には1種、栽培変種としてアクアマリンと
ケスキーグラナットが世界的には名が通っているいて、ベンターグリーン(緑大津絵)も認められ始めているという所でしょうか。
最近国内ではFDP系が流行のようです。
白頭翁
2017/07/17 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
Cナンバー無しの大津絵 リトープス (老人の独り言)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる