リトープス (老人の独り言)

アクセスカウンタ

zoom RSS リトープス実生の時期

<<   作成日時 : 2017/07/25 23:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 15

実生の時期が近づく
何時が良いのか

まず自分の方法を振り返る
始めたのは遅い
未だ十年程度

始めは自分で蒔くものではないと
思い込んでいた

色々やって来たとは言えない

種子は
殆どがMESA
幾つか岡本翁のものも

発芽率は良いとは言えないMESA
岡本翁のものは量も多く
率は良かったが0というものも無いわけではない
播き方の所為か
時期の所為か


恒温の場所は持たない
ましてや恒湿などは

まず時期
時期は9月中旬と決めている
参考書がそうなっていたこともある

10中旬もテストはした
差は認められなかったので
早く大きくなった方がよいと
9月中旬15日前後に決めた

最初の植え替えを
何時にするのかなど
条件も色々あるが

ハマーさんは
midsummerが良いと

コールさんは
November−January がベスト
September 又はMarch
これは南半球南アフリカ

島田さん
9月下旬から10月頃 ベスト

岡本さん
9月下旬に播く

田中喜佐太氏
’女仙’の著者
9月〜11月
3月〜4月
冬も温度さえ適当に保てれば可能


今はネットで
いろいろな方々が
発信されていると思うが
そちらには暗い


最近では
MESAも1pktが多い
オーダーは出しても来ないことが多くなった
ひねくれたものが多いせいか


発芽しても
育たないものも時にはある

植え替え時期は
苗がしっかりすればOK
11月からという方も

我が家では
ちょっとしたトラウマ
小さいのを植え替えて
全滅させたことが有る

其の後
植え替えは
翌年の9月にしている
種をまくのと同じ時期
勿論この間にも消えてしまうものはある


実生には
時期の他にも

日覆い

消毒
など色々ある


あまり細かいことを気にしてもしようがない
大量に作るわけでも無い
失敗しても来年あるいは次のチャンス
自分で出来る範囲で
楽しめればいい
そう思っている


人それぞれだから
その人が楽しめる方法が良い
自分で工夫するのが最良



我が家の場合
この程度の差が有る

一番多く発芽
画像

複数発芽今一頭
画像

昨年も今年も3頭発芽
一年たたずにこんな具合
これも昨年と同じ
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
一番最初に播種をした時 様々なネットの記事等を参考に 冬期までに大きくしようと考え六月や八月の中頃に弁当パックに穴を空け底面吸水で室内で 発芽はしましたものの青苗倒れで育てられず 今思えば無茶をしたものだと やはり自然の日光 風と適度な湿度で育てるのが楽ですね
ナオ
2017/07/26 10:53
他の植物とは違って、リトープスの実生は色々と手順を踏まなければならないのですね。
画像にも写っていますが、この細かい粒状の土の名前を教えて頂きたいのですが…。
くに
2017/07/26 16:01
文中の
”自分で出来る範囲で 楽しめればいい”
に感銘を受けました。
私はこの先も、大なり小なりの失敗を繰り返すのでしょうが、せっかく手にした趣味のリトープスなので、白頭翁様のおっしゃるように楽しみたいと思います。
彩雲童子
2017/07/26 16:54
ナオさま
無茶だとは思いません。自分で良い方法だと信じてやってみる、結果を判断して修正をしてゆくそれが良いのではないでしょうか。偉そうなことを言って済みません、自分のことは棚に上げています。
白頭翁
2017/07/26 22:50
くにさま
実生の画像の土は赤玉土です。細粒というか微粒というか
径は2〜3mmくらいでしょうか。我が家の近くでは手に入りません。但し小粒をふるい分けて作ることはできます。厚みは5mm程度でその下は普通の培養土です。
白頭翁
2017/07/26 22:57
彩雲童子さま
おほめに与かり恐縮です。
負け惜しみの気味はありますが、何事も全てに成功してしまっては面白味がないのだろうとは思っています。
今後とも気楽に宜しくお願いいたします。
白頭翁
2017/07/26 23:04
園芸店でリトープスを購入した時、このタイプの土に植えられていました。お店の人に同じ物が欲しいと言いましたが、置いていないとの事。
赤玉土なのですね。
1番小さいのが小粒だと思ってました。その下があったとは…。
また探してみますが、なかった時は、小粒のふるい分けにチャレンジしてみます。
有り難うございました。
くに
2017/07/27 00:11
赤玉に関しては、芝の目土で探したらいかがでしょうか。
キタムラ
2017/07/27 07:31
芝の目土、園芸店で見た事がありますが袋が透明でないので中身が分からず、スルーしていました。次回、着目してみます。有り難うございます。
くに
2017/07/27 22:20
実生時の表土は画像に対してご質問が有りましたので、赤玉としましたが、赤玉に限ったことではありません。
何でなければいけないということは考えられず、極端に言えば何でもOKと思います。
芝の目土でも真砂土でも。格別に表土を使わなくても大丈夫です。川砂は普通に手に入るものは殆どがミジンですので敬遠、ザラメのような物が有ればベターでしょう。
お調べになれば判りますが芝の目土にもいくつかあり、肥料分の混合された物が有るようですので、そのようなものは避けた方がよいのかもしれません。これも無肥料のものが良いと頭から信じているだけのことで、テストしたことはありません。
白頭翁
2017/07/27 22:50
詳しい説明を有り難うございます。
実は、文頭したものやミニサイズのプラ鉢に植えてあるリトープス達を植え替えするの時に使用したく、お聞きしました。
以前、画像にあるタイプの用土に割り箸を差し込み、穴を開けリトープスを植え付けた事が何回かあります。
園芸店で購入したプラ鉢で、植えてあるリトープスの
隙間にですが……。

赤玉土の下は培養土なのですね。
リトープスの土選びはまだ模索中です。
くに
2017/07/28 09:33
詳しい説明を有り難うございます。
実は、文頭したものやミニサイズのプラ鉢に植えてあるリトープス達を植え替えするの時に使用したく、お聞きしました。
以前、画像にあるタイプの用土に割り箸を差し込み穴を開け、リトープスを植え付けた事が何回かあります。
ですがこの用土、購入したリトープスの用土なので何か分からずお聞きしました。
くに
2017/07/29 00:44
植え替えの時に使うのなら、之とは目的が違いますからこれほど細かくなくて良いのではないでしょうか。
一般的に鉢植えに使っているのは飾り砂でしょう。
これに粒をそろえた赤玉を使うことはあります。
リトープスの飾り砂は見た目の問題と根元の通風高温防止に役立てようとする目的が有ります。
島田さんは軽石が良いのではと仰っておられますので、まねをさせて貰っています。
テストでは赤玉土よりわずかに表面温度が上がりにくいようです。
白頭翁
2017/07/29 22:44
土の粒が揃っていると確かにリトープス共々、見栄えがします。
以前はリトープスを育てる際の気温、温度に関する事も分からずじまいでしたが、白頭翁様のお陰で徐々に分かり始めてきました。
くに
2017/07/30 00:47
気象条件はあまり気にしていません、一応気温45℃というのは目安にはしていますが上がってもどうしようもありません。日当たりだけは何とか確保したいとは思いますが、今のところどうにもなりません。将来も同じでしょう。気楽にいきます。
白頭翁
2017/07/30 23:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
リトープス実生の時期 リトープス (老人の独り言)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる