リトープス (老人の独り言)

アクセスカウンタ

zoom RSS 抜け殻

<<   作成日時 : 2017/07/05 22:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 7

最近こんなことが
以前から無いわけではないが

脱皮の途中で
中身が無くなる

共通しているのは
残っている皮がかなりシッカリしていて
丈夫そうなこと

富貴玉系は丈夫と思っていたが
これも含まれている

巴里玉オクラケア
画像

丸貴玉
一頭は完全な抜け殻
もう一頭は中身はある
だが形としては同じようなもの
剥いてしまった方が良いのかも
画像

富貴玉バーミキュレーテフォーム
2頭とも
画像

紫褐富貴玉
これだけ様相が異なる
ぺしゃんこになった
外観的には一応脱皮は終了していた
外見の違いで実質は同じかも
画像











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
数ある中でのこと、不調が兆候として表れにくいから気付いた時には手遅れなのでしょうか?
水分を溜め込んだ植物の宿命でしょうかねぇ。
彩雲童子
2017/07/06 21:37
見るからに固そうな皮ですね。徒長した日輪玉の脱皮したのがガチガチでした。白頭翁様のリトープスの回りに敷いて(?)ある白い石は軽石ですか?鉢によって細かい小石の物もあります。
以前、白頭翁様のブログで用土についての内容が細かく載っていました。

今、家のリトープスは山野草の土を使っています。
キレイな水が流れ出る ゼオライト入り
山野草の土
特徴
■微塵を除いた粒状の原料を使用した排水性の良い配合です。
■水の腐敗を防止するゼオライトを配合しました。
■保水力を高める赤玉土を配合しました。
主原料・肥料成分
軽石、鹿沼土、バーク堆肥、ゼオライト

上記の土を使い始めていますが、リトープスに合っているかどうかまだ分かりません。
くに
2017/07/06 22:47
気が付いた時にはどうしようもないというのが、我が家の実情です。腐ってしまう場合と水分が抜けて乾ききってしまう場合とあるようですが、後者の方が多い気がします。
いずれにせよ観察不足なのだろうと思っています。
特に最後の紫褐紫薫の場合など数日前に完全に脱皮を終了して上手くいっていると認識していたものです。
お手上げの感じです。
白頭翁
2017/07/06 22:55
これとは違うかもしれませんが。
片方だけ腐ってしまって、もう一方が
まだ生きています。
この先どうなるのでしょう・・?
触ってみると、カチカチで元気です。
元に戻るんでしょうか・・?
赤次郎
2017/07/07 00:58
くにさま
我が家のリトープス飾り砂に軽石の小粒を使っています。時に微粒も使います。用土に入れていたのは微粒の方です。コールさんは大理石が風化したものが良いと言っています。赤玉や鹿沼などとは異なるものです。また有機肥料は不要と言っています。
リトープスは大抵の土で育ちそうです。昔は砂主体でした。
何が良いかということは色々な種類の土もしくは配合を試して、その結果判明するものだろうと思います。
白頭翁
2017/07/07 22:28
赤次郎さま
そのまま生き続けると思います。
駄目なケースもあり得ますが。
白頭翁
2017/07/07 22:31
園芸店で購入した時の土は何も邪魔する事なく、ちょっと太めの根と細かい根が自由に張っていた柔らかい土でした。山野草はどちらかというと硬めというかザクザクした土です。これで根が真っ直ぐ、そして細かい根が張っているのかな…と不安がありますが、試しに来年まではこのままいきます。
くに
2017/07/08 00:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
抜け殻 リトープス (老人の独り言)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる