異常脱皮

脱皮進行中


脱皮中は水をやらない


開花後から脱皮完了まで
給水は少なく月一回程度


冬季は完全断水
春先から給水はじめ


色々あるが
いずれにせよ脱皮期は
水は少なめで良いらしい


この時期に
水が多いと二重脱皮するという


これは本当だろうか
我が家の場合
ここ1年の給水は
一律に20日から30日に1回
季節による変化は付けていない
夏も冬も同じにしているが
冬がやや長いか



昨日から
戸籍調査を始めたのだが
幾つかの2重脱皮を見つけた

異常脱皮も
取り上げてみれば
いくつもあるようだが
全体数から見れば
1%以下
まだ始まらないもの多いが
この桁の数字は
変わらないと思う

現場調査は一応終了
後はリストの整理

このリストから
”0”を優先して
次のオーダーを絞り込むことになる
まだまだ夏の影響を
引っ張っている感じ


黒耀玉
画像

麗春玉
画像

大津絵アクアマリン
画像

双眸玉
Aが脱皮次にBからC
同時にAがもう一度脱皮bが
画像

琥珀玉
何頭かの内1頭だけがこんな形に
画像












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

み~の
2019年03月30日 23:43
形状でも種差が有りますよね~
頭の丸いデコッパチ系は、ちょい灌水でも、いともた易く
特に常習犯は「大津絵一族」「繭形」「テリカラー」
こいつらは、まるでやらにゃ損!とばかりに2重脱皮常連ですよね、そして外皮の方が大きく元気で水々しく、新苗が押し潰されそうで、縮こまってしまう悪現象
逆に堅牢な逆三角形タイプは殆ど起きませんよね
「レスリー」「日輪」「ハリー」等々

ゆえに「2重脱皮したがり組」と「堅牢系」は寄せ植えは控えてます、灌水量管理の点からも
がぶりえる
2019年03月31日 08:58
うちも大津絵が2重脱皮のあげくに三つ子が生まれたりとややこしいことになってます。ほんの少しだけ隣の株に水を上げたらあっという間でした。日輪玉や曲玉などは少々水をあげたほうが勢いがついてきれいに脱皮終了したりしますし、品種によって様々なんでしょうかね。
がぶりえる
2019年03月31日 08:58
うちも大津絵が2重脱皮のあげくに三つ子が生まれたりとややこしいことになってます。ほんの少しだけ隣の株に水を上げたらあっという間でした。日輪玉や曲玉などは少々水をあげたほうが勢いがついてきれいに脱皮終了したりしますし、品種によって様々なんでしょうかね。
2019年04月01日 21:12
みーのさん
仰るとおり逆円錐形には二重脱皮が殆どないように思います、一方Y型やハート型の方は出やすいようです。
我が家では水の管理は一律ですが水により二重脱皮が生じやすいというのは本当と思われますか。
2019年04月01日 21:22
がぶりえるさん
水を多くすると二重脱皮をするというのが良くわかりません。島田さんもそう書かれておられますが。
種類によって違いがあるとすれば原産地が比較的降水量が多いか少ないかということに関係しているのではないでしょうか。日輪玉や紫薫などはどちらかといえば降水量の多い地域が産地のように思います。
ただ留蝶玉は極端に雨の少ないところの生まれのはずですが、我が家では他のものと水の頻度は同じですが
二重脱皮を見たことがありません。

この記事へのトラックバック