新苗

群仙園から届いた

前回植えたのは昨年の4月

秋口に訪問して
事前にオーダーしておいたものを
受け取ってくるのが習わし

昨年も今年の春もチャンスがなく
そのうちに
外出自粛になってしまった

今はメールオーダーのみの営業とか


苗は相変わらず綺麗だが
長期的にみると小型化は明らか
Mサイズさえ僅か
昔はLL, L などもあり
S, SMなどはあり得なかった

これも愛好者が増えたためか
大きくしている時間がないということだろう

早速植え付けたが
今回は用土を少しだけ変えた

軽石を止めた
微粒がこの近くでは入手できない

川砂は少々車を走らせなければならない
砂場などに使うものはホームセンターにある
微塵抜きをすると
ほとんど残らない

手に入らないと言えば
赤玉土も小粒まで
それ以下は通販に頼る
微粒と細粒を組み合わせた

鹿沼土は何とか手に入る
差し芽に使う方がいるのだろう
鹿沼の微粒はロットにより
随分感じが異なる
今回のものは細かかった

結局赤玉細粒3:微粒4
鹿沼3とした

なんの根拠もあるわけではない
実績的にも

島田さんは
赤玉土:鹿沼土:川砂=1:1:1
でよいとされている
いずれも微塵抜き

以前はサボテンと同じように
砂が主流であったらしいが
研究されたのだろう


南アフリカのコールさんは
自生地の土を使うが
花崗岩の風化した土が良いだろうと書かれている


余談だが
花崗岩がコロナに効くというデマが
流れているらしい

何年か前に調べたことがある
花崗岩の風化が進んだものといえば
西日本を中心に
まさご土がある
これは当然無肥料で
産地などにより色々あるらしい

このあたりでは殆ど見かけないが
園芸用としても使用されるらしいので
赤玉土の代わりに使用できるのではなかろうか
但し現物は知らないので
何とも言えない


現地の土を輸入したところで
良い結果を得られるとは限らない
植物が育つのは
土だけはないから


ヨーロッパでは
軽石も使われているようである
苗を販売するところで
軽石(pumis)を販売していることがある
どんなものかは不明


肥料は
マグアンプKを少量
あまり植え替えるつもりはないので
大粒を使用した


IMG_7440.JPG

用土
IMG_7442.JPG

植え込み
IMG_7443.JPG
IMG_7444.JPG



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

j
2020年05月11日 09:53
こんにちわ。赤玉細粒であれば、横浜市旭区のカクタス広瀬さんで店主に尋ねると出してくれますよ。ここの土は、微塵もでにくく、型崩れもしにくいのでお勧めです。遠方でなければ、足を運ばれてみては、いかがでしょう☆こんな状況ですが日曜以外は、営業しているようです。
白頭翁
2020年05月11日 22:21
有難うございました。
そう遠くはないので次の機会には考えてみましょう。
私は茨城県の生産者から纏めて入手していました。
みの
2020年05月11日 23:21
今日は急な夏日で遮光が大変でした

桐生の苗、良いですね、綺麗ですね
名称はなんでしょうか? 
浅学な私に、よろしければご教授下さい

一鉢目
 Bettys Beryl ??
 Sakkie Green  これは判り易いですね
 Fuscous    ???

二鉢目
 Fred Red Head ???
 Freckled Friend  ???
 Nebrownii (窓顏)   ????
 花付き・・・・・・見当つかずw  ???????
べんけい号
2020年05月12日 18:10
綺麗な苗ですね。私も少し気になります。一鉢目がサッキーグリーン、ベティスベリル、フスカス。二鉢目がウエベリー、フレッカルドフレンド、フレッドレッドヘッド、窓マライシー。ではないでしょうか。早くコロナに終息してもらいたいものです。
白頭翁
2020年05月14日 10:09
みのさん
弁慶号さん

回答遅れましたすみません。
確かに桐生の苗はさすがです。
これだけのものを揃えてくれる処はほかにはないのではないでしょうか。
みのさん名称はほぼご推察の通りで、さすがです。
弁慶号さんには脱帽です。

お二方とも新発売の品種を正しくご指摘されているのは驚きです。すでに入手済みなのかもしれませんね。

残念ながら小生は今一歩というところです。

コロナの終息後の世の中少し変わるかもしれませんね。