大津絵

今年の大津絵は
概して紋様がはっきりしている
蝙蝠がはっきりしているということ

何故だか理由は分からない
だがこの蝙蝠マークは
ハッキリしているのが望ましい

但し
このマークと色は
毎年同じとはいかない

紋様がはっきりした半面
頭数は極端に減少
全般的に昨年度から調子が良くない
最大のピンチ
植え替えが必要か
尤も植え替えも特効薬とはいかない


昔かから
蝙蝠模様のゆえに人気があった
コールさんの登録自生地は
いずれも個人所有の牧場の中にあるという
島田さんも訪問記録を書かれている
自生地は
牧場といっても草原ではなく
石や岩だらけの荒れ地の趣らしい

蝙蝠紋様は
さまざまで
全くないものから殆どが羽のものまで
色も各種
ひところは1種の種子から何種類もの色が出現すると言われていた

日本では
紫系の特に美麗なものを
信州紫とか信濃紫と言っていた
紫大津絵と呼ばれるものもある

Cナンバー付きの色変わりに
アクアマリンが有名だった

Cナンバー付き以外では
SH531やグリーンアテンプトなど
SH531はBrakfontein産
Cナンバー品はLoeriesfontein産

群仙園には黄緑大津絵と呼ぶものがあった
今は緑大津絵と命名されているものがある


その後
FP大津絵というものが出回った
FPグリーン、FPグレイと言っていた
現在のFDP大津絵の前身

Frik du Plooy のナーセリーから

さらに
キスキーグラナットが発表された


花は底白の黄花

C128
IMG_7449.JPG
C280
IMG_7450.JPG
C350
IMG_7451.JPGIMG_7452.JPG

黄緑大津絵(ex.C350)
IMG_7453.JPG

特殊模様
島田さんのプライベートネーム
タグにこう記されている
IMG_7454.JPG

C128A アクアマリン
IMG_7457.JPGIMG_7458.JPG

FP大津絵
IMG_7456.JPGIMG_7455.JPG

SH351
IMG_7459.JPG

グリーンアッテムプト
IMG_7460.JPG

友人から+紫
IMG_7461.JPG

キスキーグラナット
IMG_7463.JPG

3年前いたずらしてみた
IMG_7464.JPG


改めて並べてみると
随分と貧弱になってしまった
かろうじてつながっている













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

彩雲
2020年05月26日 16:40
こんにちは♪
大津絵は模様が奇抜で、タイプ?が違ってもやっぱり蝙蝠模様ですね。
色合いも緑から紫までまさに色々ですが、確かに脱皮すると模様も色も変わってしまいます。
水の与えすぎか、2回融かしました。
ナオ
2020年05月26日 20:15
大津絵と麗虹玉は独特の雰囲気に惹かれて
集めてみたりしています 大津絵の窓の無いタイプ同士の実生からはやはりほぼほぼ窓の無い子ばかりになりました ブラークフォンティン同士からは標準的な蝙蝠マークばかりです アクアマリン同士では緑色の幅はかなりですね どれも可愛いですが
遺伝というのは凄いものだと思わされた次第です
みの
2020年05月26日 23:41
FDPが好きで
FDPの良型のを交配し実生
いくらなんでも半分はFDPだろ!と期待してたけど
実生一歳目(2~3回脱皮)・・・ほとんど並紋様  がっかり落胆
実生二歳目(3~4回脱皮)・・・100株ぐらいのうち数株FDP兆候
実生三歳目(5回ぐらい脱皮)・・上記の100株ぐらいも半分ぐらいに減りつつも、なんと半分以上ぐらいFDPに! (ちょっと小躍り)
 大津絵・・・出世魚の様なモノだと・・短気は厳禁と教訓
秋が楽しみだが5月の突発陽気で既に1割以上溶け
 大津絵は生存率低いのか、自分が大下手なのか
白頭翁
2020年05月28日 21:08
大津絵は蝙蝠模様あってのものと思っています。
特に最近のFDP大津絵は線模様となってしまって蝙蝠らしさが消えているいるものがあり、大津絵としてはどうかなと思っています。
ですが人それぞれ好き好きですからお好きなものを楽しめば良いのでしょう。
余談ですが
こんな冗談を耳にしたことがあります。
大津絵は2種類の紋様を持っていて脱皮ごとに繰り返す。というものです。

白頭翁
2020年05月28日 21:14
ナオさん
随分熱心に実生を楽しまれておられるようですね。
我が家では自然には殆ど種子がつかず、交配も下手なものでめったに実行しません。何度かトライはしてみましたが見事に失敗しています。ここ数年は全く0です。
上手くいけばそれはそれなりに楽しい物とは思いますが。
白頭翁
2020年05月28日 21:32
みのさん
みのさんも実生に熱心なようですね。
人はそれぞれ好みがありますから、一般的にどういうものが良いかということはないと思いますが、個人的には大津絵は蝙蝠模様がはっきりしているものが好みです。
この蝙蝠模様が年によってぼやけたりすることがあるようですし、模様も色も微妙に毎年変わりますからそれを楽しみにしております。
頭数が沢山あれば当然変化もあるので、そういう楽しみもあると思いますが、我が家は少数主義で1種一鉢が原則です。