リトープスと私Ⅹ

白頭翁 この名前はHPを立ち上げたときに付けた というより勝手に使用させて貰った 洛陽城東桃李花 飛来飛去落誰家 という句で始まる ’代悲白頭翁’ という題の26行の有名な漢詩 高校時代から好きな漢詩の一つだった 破れた帽子に 足の形に凹んだ桐台の朴歯下駄 腰にはたれ下げた手拭 当時の田舎のバンカラ高校生 …
コメント:14

続きを読むread more

綴化

サボテンには通常頂点に 一か所の生長点がある これに異常をきたしたのが綴化 通常は生長点が横に並ぶ 正常な形ではないので 敬遠してきた アロンソイ綴化 我が家に来た時には ごく普通の形だったが いつの間にか こうなってきた 花はこの線に沿って 一直線上に咲くようになる これはアロンソイが…
コメント:0

続きを読むread more

背の高いもののコーナー 尤も存在感があるのが武倫柱 サボテンを始めたころ なんでもサボテンであればと手に入れた頃 既に30数年が経つ このサボテン細かい根はほとんどない 当初は30cmにも満たないもの 名前はなかった 伊豆のシャボテン公園で 同じような大きさの 武倫柱を見て勝手に名付けた もう少…
コメント:2

続きを読むread more

早咲

7月に入り花が幾つか増えた 前週との重なり この時期に咲く 荒玉系、曲玉系、翠蛾など 数は随分あるのに 毎年花は少ない 荒玉系 荒玉C367 未開花(つぼみ) 荒玉C374 曲玉系 春雛玉C063別の二つが先に咲いた 黒曜玉C072 白蝋石C097 翠蛾 C388 …
コメント:2

続きを読むread more

2番手

6月25日 2輪の花が咲いた 一つは翠蛾 もう一つは白蝋石 翠蛾 Steineckeana というのは 系統の解らない品種 ドイツのシュトッツガルト近郊のナーセリーから 出現したとされるが 何が親かは不明 曲玉とコノフィツムの子孫という 考え方はあるようだが 長いこと南アフリカのナーセリ…
コメント:0

続きを読むread more

赤い紫勲

紅い紫勲には みなハマー氏が絡んでいるようだ フレッズレッドヘッドは かなり前から 最近では ルーバーブもハマー氏 同様に ジャンボリー ルーバーブと同じものだともいうが 詳細は不明 これは見たことも無い アメリカのオークションでべらぼうな値が付いたらしい 紫勲ではないが紅オリーブも 数…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン

漸く日本でもワクチンの接種が始まった と思っていたら かなり急速に進んでいるよう もう少し早く入手できていれば 世の中もう少し変わっていたかも 横浜市は対象者が多すぎて いわゆる総身に回りかねている 90数万の年配者がいる 其の後も大変だ 横浜市は東京都のように 区が自立していない ご近所さんでもか…
コメント:5

続きを読むread more

リトープスと私Ⅸ

参考書Ⅱ 小冊子の類で便利に利用させていただいたものがある 当時モナコにあったAIAPSという所の 'SUCCULENTES Les Lithops'2008 という冊子 此処の会報の1部と思われるが 50ぺーじ 半分は記事 残りの半分はリトープスのCナンバー付き全ての単頭を並べた図鑑 前からウェブページにアップされて…
コメント:2

続きを読むread more

初咲き

今日5月25日 2輪の黄花が咲いた 今までこの時期に咲いたのを 見た記憶がない いつもトップバッターは 翠蛾だった気がしている 今回の花は春雛玉 何かの異常かもしれない 同じ鉢の1頭は脱皮も終了していない 翠蛾は気配もない 気まぐれは何時もいるらしく 大津絵が6月に咲いたこともある …
コメント:0

続きを読むread more

リトープスと私Ⅷ

参考書 リトープスをの苗を入手する前に S.A.Hammer の LITHOPS TRESURES OF THE VELDという書物を 福島のカクタス企画から入手 1999年のこと この本に佐藤氏のバイオレットがバッカスという名前で発表された 2版でサトースバイオレットに訂正された 同様なものは色々あると思…
コメント:0

続きを読むread more

リトープスと私Ⅶ

何時のころからかMESA、コノパラなどから苗を買うようになった これはCナンバー品を全て集めようという無謀な発想が元になっている 群仙園に出てこない品物があるのである ヨーロッパは色々な国の 販売業者を調べた 当時はヨーロッパではCナンバー付きよりも 地名付きが多いような気がしていて 結局Cナンバー品の多いコノパラ…
コメント:0

続きを読むread more

リトープスと私 Ⅴ

島田さんコレクションは 植物以外に現地の土砂のサンプルまで並んでいる 岩石といった方が適切か コールさんの関係では 初期に実際の写真を貼って 説明などを手書きしたアルバムを見せていただいたことがある コールさんのいわば手作りの参考書 趣味の広い方だったので 植物とは関連のないコレクションもすごい 万物相…
コメント:0

続きを読むread more

実生の記録

秋に播いたもの 9月、10月、11月分 そのうち10月分が半年を迎えた 10月播き 大分色が付いてきた 特に大きくなっているものは レッドヘッド 9月播き 体形が丸くなって一回目の脱皮 不調品が約半分 丸貴玉 11月播き まだまだ青い 春播き 1週間…
コメント:0

続きを読むread more

新苗

春が来た と言っても未だ寒い日もある 苗を幾つか入手してみた 今までもこの時期に植えたことはあったが 今回は脱皮中のものも多い コノパラは3Y苗が基本 2Yというのも若干ある 選択の都合で2Yからも選んでみた 小さいものは育てにくい という先入観があるので普通は敬遠する 今回3Yが無かったため止むを得…
コメント:0

続きを読むread more

リトープスと私 Ⅳ

ブルームーンとの出会い ある時色の変わったリトープスを6,7頭見つけた 他の希望品と一緒に入れた箱を 島田さんのもとへ持って行ったところ なぜか大分慌てた様子で ’これ何処にありました’’と聞かれた これはダメだというようなことを仰って 一緒にあった苗を全て抜きあげてしまった 勿論箱に入れていった一頭も回収さ…
コメント:2

続きを読むread more

リトープスと私Ⅲ

群仙園再び 群仙園とは しばらくはサボテンとお付き合いが続く リトープスの1号がいつ来たのかは 記録が消えてしまって分からないが2002、3年ころ どうも大津絵を主体に勧められて幾つか入手していたようである 当時の大津絵がいくつか残っている 模様が独特な上に丈夫さがあるようだ こんなところが全くの初心者に勧めるポイン…
コメント:0

続きを読むread more

サボテンの花 小品

サボテンの花に レンズを向けてみた久しぶり あい変わらずのピンボケ?ブレ? 名前を思い出せないことに ビックリとガックリ しばらく前までは問題はなかった タグプレートは飾りのつもり 見れば名前や属名は浮かんできたのだが そうはいかなくなってきた 暫く考えても思い出せずタグを頼りにする 烏城丸 ア…
コメント:2

続きを読むread more

リトープスと私Ⅱ

群仙園 群仙園は桐生市にある ここは学生時代3年間寮生活をしたところだったが 当時はそういう所があるとは知らなかった サボテン多肉植物には 全く興味がなかったということだろう 今は其の寮もない ただ群仙園があるところは 水道山といわれる山の中腹であり チョット歩けば吾妻山に繋がり 旧足尾銅山の方に繋がる 水…
コメント:8

続きを読むread more

実生2021

今日ビニールハウスの気温が49℃を示した 昨年 比較してみようと考え 9,10,11月各中旬に播いてみた その最初のものが半年を迎えた 1か月の差はそれぞれあるようにも見えるし 無いようにも見える 種類による大きさの違いの方が大きい 色づいたものもあればそうでないものも 結局は同じ種類を月別に播いてみるしか…
コメント:4

続きを読むread more

リトープスと私

今更こんな表題でもないのだが 思い出せるうちに 思い出せるな内容を 当てもなく記してみようと思う 記憶違い、勘違いも含めて こんなことを考えたのは 昨年パソコンを潰してしまって パソコンに残していた記録がすべて消えてしまったことから つぶれた原因は 正確には分からないが 起動画面にあった'winndows10…
コメント:6

続きを読むread more