サボテン植え替えⅤ

未だ植え替えが続いている Uタイプ鉢がようやく終了 当初小型鉢のみと考えていたが 次々と手を付けてしまった 現在総数300あまり 6号 7号 7号の2 背の高いもの
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の花

サボテンの植え替えの 合間に 6月に比べると 大分寂しい 植え替えは6号鉢が約2分の1 鉢が大きくなるにつれ 鉢数は増えなくなってきた 短毛丸 金環食 金星 翠晃冠錦 翠晃冠錦 蕪城丸 ビレッキー 緋牡丹錦 ストロンギロゴナム スォボダエ 金晃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテンの植え替えⅣ

5号鉢と 5.5号鉢の植え替えが終わって 暫く経った 終わったのは260鉢あまり 6号に取り掛かってはいるが この間リトープスの花も幾つか この項目 何べん遣っても上手く追加や修正ができない 仕方なく別扱いにしてみた 上手くいく確信は無い リトープスの花から ホワイトレディの実生 実体は何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼り無さげな花

リトープス 第2弾の花 いずれも何となく頼り無い 白蝋石 L.pseudotruncatella subsp. pseudotruncatella v. riehmerae C097 荒玉 L. gracilidelineata subsp. graciidelineata v. gracilidelineata C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植替えⅢ

当初の漠然とした予定は 2.5、3号の小鉢を植替えることだった 予定は少しづつ増えて 3.5号を終わらせ 4号も植え付けは終了 後は所定の位置に戻すだけ 4号には個人的に特別のものが 含まれている 鉤棘 普通の鉤棘なら他にもいる これは見た目鉤には見えない 棘の先端ごく細い部分だけがカギになっていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月の花Ⅲ

雨に時期に入って サボテンの花も少なくなった と感じていたが 最終日にかなり挽回した グラキリス ツルビニカルプス 3号 紅鷹 テロカクタス 3.5号 メソポタミクム ギムノカリキューム 3号 麗陀丸 ギムノカリキューム 4号 金竜 エキノプシス 4号 緋牡丹錦 ギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JET STREAM

懐かしい言葉 昔あちこちと歩いていたころ 日航に載ると 聞こえていた音楽 ジャンボになる少し前か 海外旅行は ごく一部の人たちのものだったので 当然社用であった この音楽 当時の感覚では 斬新なものだったと思う ナレーションが組み合わされていた 感覚の古い私には 当時の言葉でいえば 随分とキザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腐葉土

夕刻 車で30分ほどのホームセンターへ 昨年から 硬質赤玉土がある 但し小粒まで 若干入手 細粒、微粒はない やむを得ず 篩にかけ手持ち残品を混ぜて 用土を少しばかり作る 最近は小粒でも小さい粒の割合が多く 3mm以下も相当量取れる 例年 まとめて通販で入手しているのだが 今年はさぼったまま …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

巣立ち

今年も隣家の燕が巣立った 5羽 昼間巣から出てきて ケーブルに並ぶ 嘴に色があり しっぽの短い燕尾服 自由に餌が取れないらしく 親鳥が来ると口を開けている 夕刻近くになると 巣に戻るらしい 極端な虫嫌いの人が増えている中 空中には未だ小虫が いるらしい 蝶やトンボの姿が少なく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月の花からⅡ

6月に入って 花の数は引き続き減少 ぽつぽつと フレームの最高温度は45℃近く 最低気温は20℃に サボテンは 蕾が付くと 日の当たらない部屋の中に移しても 花が開く 牡丹玉 ギムノカリキューム 3号 翠晃冠錦 ギムノカリキューム 3,5号 新天地 ギムノカリキューム 5号 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トップランナー

毎年の第1号花 今年も同じ この翠蛾 1頭2008年と2010年に来場 群仙園産 かなり長生き いつの間にか 頂点に曲玉系の紋様がついている ものがある 今年は他のリトープスと同様 少し元気がないが 時期には開花した 花びらの一枚一枚が 紐のように合わさったような形で咲く …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サボテン植え替えⅡ

その後2回作業ができた 1回目の2.5号 2,3回目3号 トータル90 幾つかはサイズアップ 条件の良いところに置かれたものは 根張りが良い 抜きあげると 鉢の形で上がってくる 根がしっかり回っている 土を落として整理をすると なかにはそれ程でないものも サボテ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5葉玉のその後Ⅱ

3頭玉になった と書いた 早とちりだった 古い皮が後退して 2頭は繋がっていることが分かった つまり 2葉1頭と 4葉1頭となった 葉の数は6葉 頭数は2になったが正解
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

6月の花から

5月に引き続き 前半は良く開いたが 後半はダウン 今日も 半開がいくつか 天気予報の様にはならないが 小ぬか雨が続く 予報も最近は難しいらしい 栄冠丸 エキノケレウス 4.5号 短毛丸 エキノプシス 3.5、4号 金星 ドリコテレ 5号 青王丸 エキノプシス 3号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテン植え替え

サボテンの植え替え 普通は春と秋 小苗は 植え替えれば植え替えるほど 育つと聞いてきた 当初から年2回を守ってきたが 最近年2回はきつく 昨年は春のみ 年1回も危うくなった その上2月末からの植え替えもきつい 全部植え替えると3~4週 大きいものは日に2、3頭 今年は未だ植え替え無し 小さい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花の無いサボテン

我が家では 花が咲かないサボテン 殆どが20年ちかくたつ 大きいサイズのもの 金シャチのグループ 金シャチ2頭 白棘金シャチ 棘無し金シャチの各一頭がいるコーナー 一番古い金鯱でも 我が家に来てから20年ほど 当時4,5年物だったろうから 25年近い年齢 但し金鯱は花をつけるのは30年という ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3段ロケット

今年は 変わったものが 多い気がする 胴の下部に 水平に切れ目が入った と思っていたら その下にも 水平の切れ目が入って 上の2段を押し上げ始めた ロケットと違って 最下段が新芽となりかかっている 2重脱皮
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の花からⅢ

下旬になっても 相変わらず咲き続ける 玉翁殿 マミラリア 2.5号 短毛丸 エキノプシス 4.5号 ロゼイフロルス ツルビニカルプス 2.5号 四角鸞鳳(双頭) アストロフィツム 4号 鸞鳳玉 アストロフィツム 4.5号 鸞鳳玉 アストロフィツム 5号 般若 アストロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綴化

いわゆるモンストローサは 敬遠してきた それでも 自然発生的に出てきたものが 幾つかある 綴化、分頭、増稜など 綴化 最もありふれたもの 千手冠 マミラリア 6号 マミフェラ フライレア 普通は径3cm程度のもの 横2列だったが 3.5号 アロンソイ ツルビニカルプス 最近生長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お節介

リトープスの皮 多くはカラカラに乾き 且つ縮んで いつの間にか無くなってしまうのが 普通 我が家では 時に2年分(二重に) 残っていることがあるが 多くは一年で消えてしまう こういう場合には 何ら手を加える必要はない というより 加えている暇はない 新葉は土にもぐりこんだ 但し時に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more