赤いリトープス

赤、紅、朱 何をもって赤いというか 自然のもので 紅いというものは極わずか だが見方によれば 随分と多くのものがある 我が家でいま 何とか見られるもの 紅大内玉 これは自生地も2カ所 他に太古玉系にもかなり赤いものが ハマールビーも赤い 黄花紅大内玉(RublaGod) 元は…
コメント:1

続きを読むread more

WILD LITHOPS

発刊されてから2年たった もう日本でも多くの方が目を通されただろう 入院したら時間があるだろうと この1冊を持って行った 勿論コンサイスとノートはつきもの 本の大きさは コールさんのLithopsとほぼ同じ 約500ページ 重さ2.3k 筆者 Harald and Anjo Jainta 夫妻(独) …
コメント:0

続きを読むread more

迎えてくれた花

戻った日の花 翠蛾 L.Steineckeana C388 交配種 親元は正確ではない ドイツで生まれ南アフリカで 長いこと保存されてきたらしい 春雛玉 L.pseudotruncatella ssp. pseudotruncatella v. pseudotruncatella (alpina) C381 …
コメント:2

続きを読むread more

初開花

春雛玉が開いた 例年我が家ではこの時期に 翠蛾が先陣を切るのが習わしだった 今年は 何故か翠蛾が準備もない 春雛に先を越された L.puseudotruncatella subsp. pseudotruncatella var. pseudtruncatella (alpine) C068   …
コメント:2

続きを読むread more

日輪玉と紫薫

両方とも 和名は学名とは全く異なる それだけ早くから導入されていたということか 以前から 紫薫と日輪玉は 紋様がかなり似ている ものがあると思っていた 特に紫薫を見たときに 日輪玉を思い出すというか 区別がつかないなと思ったことがあった 改めて並べてみる 似ているようでそうでもないか 日輪玉 …
コメント:4

続きを読むread more

コロナ

感染者の数が収まらない それでも特に東アジアの国々は 死者は圧倒的に少ない 薬もないのだから 罹らないようにするしか手がないのだが 布製マスクが1週間ほど前についた 三日ほど前に10万円の申込書が届いた こんな問題から分かること 残念ながら 日本の特に行政のIT化が遅れている 教育面も同じ 他国に比…
コメント:0

続きを読むread more

独り者 Jali Soltero 

Solteroとは独身者という意味 女性の場合はSolteraという Jali というのはアマゾン川支流下流地名 当時日本語にはチョンガーという言葉があった 表題はJali チョンガーというほどの意味 周囲から隔絶された土地に 作られた町の名前はモンチ・ドラド(黄金の丘) パルププラントが建設された 主要部分は2…
コメント:4

続きを読むread more

大津絵

今年の大津絵は 概して紋様がはっきりしている 蝙蝠がはっきりしているということ 何故だか理由は分からない だがこの蝙蝠マークは ハッキリしているのが望ましい 但し このマークと色は 毎年同じとはいかない 紋様がはっきりした半面 頭数は極端に減少 全般的に昨年度から調子が良くない 最大のピンチ 植え替…
コメント:6

続きを読むread more

大型品の脱皮

形の大小によって 脱皮の状況が変わるわけではない 我が家で形の大きいものを 並べてみる 日輪玉と富貴玉が多い 勿論日輪玉、富貴玉にも 小さいものはいる ここに示したものは たまたま大きくなっただけ この2種のうちでは 日輪玉系の方が 色柄ともに変化が大きい この次のクラスは 荒玉系、グローエンド…
コメント:2

続きを読むread more

新苗

群仙園から届いた 前回植えたのは昨年の4月 秋口に訪問して 事前にオーダーしておいたものを 受け取ってくるのが習わし 昨年も今年の春もチャンスがなく そのうちに 外出自粛になってしまった 今はメールオーダーのみの営業とか 苗は相変わらず綺麗だが 長期的にみると小型化は明らか Mサイズさえ僅か…
コメント:5

続きを読むread more

5月5日の花

5月5日のアストロフィツム 鯉幟の季節 このあたりでも 散歩中に幾つかの鯉の泳ぐ姿を見ることができた 柱を立てて天辺には矢車が回っていた 斜めの綱に何匹か繋がっているものが多かった 最近はイベントで何十という鯉を泳がせるものがほとんど しかし今年はそれもない 家庭用の飾り今は見ない 歩き回らなくなったせいか…
コメント:0

続きを読むread more

揺らぎ

寝転んで天井を眺めていた 光が揺らめいていた 庭の金魚の甕からの反射が 天井に映った ゆらゆらと蠢く 残念ながら写真では味わえない この揺らめきは 僅かずつ移動して 一時間ほどで消えた 太陽の角度が変わった もう一つの光 CDの反射 こちらはかなりつよい 水面からのような揺らぎはなく …
コメント:0

続きを読むread more

コロナ玉

コロナ騒動が 連休明けまでに片付くと考えている方は 少ないのではないだろうか 大病院でも 手術の延期が始まっている 気のせいか患者さんも少ないよう 当然薬局も同じ 近くのスーパーも レジ前には線が引いてあるが 売り場の方は関係なし 最近はさほど混まないが からの棚が多い 昨日はヨーグルト系が品薄に …
コメント:2

続きを読むread more

Rubro roseus と Embers

よく似たザクロ玉カラー変種がある 名前は別々にあるが 同じものかもしれないし別物かも知れない Embers はSH由来らしいが・・・・・ 1999年のハマー氏の本には 特別な色彩のものを1個持っていると 書かれているが名前はない オリジナルはS.Hと断ったうえで 別の方が2006に発表した これとS.Hの記…
コメント:0

続きを読むread more

麗虹玉

リトープスの名前(和名)の 経緯を知る唯一のもの 私の場合は麗虹玉 島田さんの記述によれば 命名者は島田さんの由 経緯は以下の通り記載がある 1960秋 平尾博氏(シャボテン社社主)から 兄の秀一氏が オランダのデボア博士から 新しいリトープスを戴いて来たので 見に来ないかという連絡があり 逗子へ …
コメント:2

続きを読むread more

紅い紫薫

紅い紫薫もいくつかある ハマーさんが係わっているものが 多い気がする 有名なものでは 'Fred's Redhead' 1995の発表 Warrenton が係わっているようだ 他にもこれからは多くの色彩変種が出ている 数年前 'Jambouree' オークションに登場 驚くべき高値が付いた 'R…
コメント:0

続きを読むread more

余命

昨シーズン 初めて大量播種 見事に大失敗 そのせいではないが 今シーズンは縮小 だが結果は依然として思わしくない 通常は秋に備えて夏に 種子をオーダー 今回はなぜか 晩秋から種子を購入 結局は諦めたのだが 冬に暖房マットを敷いて 播いてみようと考えたり 春播きを考えてみたり いずれも考えた…
コメント:2

続きを読むread more

まぼろし・赤い大津絵

”beni-ohtsue” 憧れの大津絵 ブログの名前にも使用 紅大津絵と名付けられたものがあるかどうか 知らない 大津絵の色調も幅広い 黄色の強い黄緑から濃緑、黒に近くもなる 紫の濃淡、赤紫 灰色 紋様も様々 窓タイプからごく細い線模様まで 同じCナンバーでさえ 変化は様々 2010年ころ…
コメント:2

続きを読むread more

壽麗玉

壽麗玉は 壽麗玉と福来玉の2系統 このうちの 壽麗玉系かなり育て難いような気がする 途中でいつの間にか消滅してしまう 特にペパーミントクリームは 上機嫌に見えてたものが途端に消えたりする その意味でも難物と思う 壽麗玉は多くの色のバラエティを持つが 変種として区別する必要はないそうである Cナンバーは…
コメント:2

続きを読むread more