テーマ:サボテン

植替えⅢ

当初の漠然とした予定は 2.5、3号の小鉢を植替えることだった 予定は少しづつ増えて 3.5号を終わらせ 4号も植え付けは終了 後は所定の位置に戻すだけ 4号には個人的に特別のものが 含まれている 鉤棘 普通の鉤棘なら他にもいる これは見た目鉤には見えない 棘の先端ごく細い部分だけがカギになっていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月の花Ⅲ

雨に時期に入って サボテンの花も少なくなった と感じていたが 最終日にかなり挽回した グラキリス ツルビニカルプス 3号 紅鷹 テロカクタス 3.5号 メソポタミクム ギムノカリキューム 3号 麗陀丸 ギムノカリキューム 4号 金竜 エキノプシス 4号 緋牡丹錦 ギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月の花からⅡ

6月に入って 花の数は引き続き減少 ぽつぽつと フレームの最高温度は45℃近く 最低気温は20℃に サボテンは 蕾が付くと 日の当たらない部屋の中に移しても 花が開く 牡丹玉 ギムノカリキューム 3号 翠晃冠錦 ギムノカリキューム 3,5号 新天地 ギムノカリキューム 5号 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテン植え替えⅡ

その後2回作業ができた 1回目の2.5号 2,3回目3号 トータル90 幾つかはサイズアップ 条件の良いところに置かれたものは 根張りが良い 抜きあげると 鉢の形で上がってくる 根がしっかり回っている 土を落として整理をすると なかにはそれ程でないものも サボテ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

6月の花から

5月に引き続き 前半は良く開いたが 後半はダウン 今日も 半開がいくつか 天気予報の様にはならないが 小ぬか雨が続く 予報も最近は難しいらしい 栄冠丸 エキノケレウス 4.5号 短毛丸 エキノプシス 3.5、4号 金星 ドリコテレ 5号 青王丸 エキノプシス 3号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテン植え替え

サボテンの植え替え 普通は春と秋 小苗は 植え替えれば植え替えるほど 育つと聞いてきた 当初から年2回を守ってきたが 最近年2回はきつく 昨年は春のみ 年1回も危うくなった その上2月末からの植え替えもきつい 全部植え替えると3~4週 大きいものは日に2、3頭 今年は未だ植え替え無し 小さい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花の無いサボテン

我が家では 花が咲かないサボテン 殆どが20年ちかくたつ 大きいサイズのもの 金シャチのグループ 金シャチ2頭 白棘金シャチ 棘無し金シャチの各一頭がいるコーナー 一番古い金鯱でも 我が家に来てから20年ほど 当時4,5年物だったろうから 25年近い年齢 但し金鯱は花をつけるのは30年という ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月の花からⅢ

下旬になっても 相変わらず咲き続ける 玉翁殿 マミラリア 2.5号 短毛丸 エキノプシス 4.5号 ロゼイフロルス ツルビニカルプス 2.5号 四角鸞鳳(双頭) アストロフィツム 4号 鸞鳳玉 アストロフィツム 4.5号 鸞鳳玉 アストロフィツム 5号 般若 アストロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綴化

いわゆるモンストローサは 敬遠してきた それでも 自然発生的に出てきたものが 幾つかある 綴化、分頭、増稜など 綴化 最もありふれたもの 千手冠 マミラリア 6号 マミフェラ フライレア 普通は径3cm程度のもの 横2列だったが 3.5号 アロンソイ ツルビニカルプス 最近生長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の花からⅡ

5月中旬の花から 上旬より多くの花が 青王丸 ノトカクタス 6号 牡丹玉 ギムノカリキューム 2.5号 大統領 テロカクタス 3.5号 アロンソイ ツルビニカルプス 4号 綴化が始まった 昇雲竜 ツルビニカルプス 2.5号 銀鯱 マミラリア 5号 群生する 文鳥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の花から

5月上旬の花から 5月に入って気候が良くなった 1日から盛大に開花 ほぼ開花順に サボテンの花は 短命が多い 大型の花は特に 一日か二日 短毛丸、世界の図 エキノプシス この一枚は5月10日 ジェントリー エキノケレウス 3,5号 翠光冠錦 ギムノカリキューム 4号 瑞光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の花

4月中に開いた花から 鸞鳳玉 紅小町 アルベルソニー 美花角 金小町 弾琴丸 かぐや姫 うば玉 シーリアナ 金剛丸 昇雲竜 縮玉 カルメナエ 高砂 千波万波 ジェントリー?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鸞鳳玉系

最近天気の良い日が 続いている アストロフィツムの鸞鳳玉系 今年の一番花が咲いた この花 多くが一斉に開く 寿命は一日 その代わり何度か 断続的に開く 花は黄色一色 金属光沢があるものも 本体はかなり大型になる 般若 この系統には棘がある 胴に白点があるものとないもの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月初めのサボテン

花の前に植え替えるのが本筋 だが 思うように行かなくなってきた 銀冠玉 3号 カタログ写真では 全てが白毛の中に スヲボダエ ごく小さい球体の群生 2.5号 紅小町 金小町で来た 4号 銀翁丸 花が少し立ち上がる 3号 千波万波 文字通りの稜の多さ 3号 縮玉 3号 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院を抜け出した日の花

昨日今日は 九州や横浜、東京で桜の開花が発表された 桜の花が数輪開くか開かないか ということでTVカメラまで登場 なんとまあ平和なことか 良いことには違いはないが 最近は外国人にも お花見は流行とか 小型機で吉野の桜を上空から 眺めるツアーがあるそう 我が家でも ささやかに花が エキノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春3月

晴天と雨とが交錯 サボテンも気候の変化を 感じ取るようで 晴れた日には 花の数は増してくる 2カ月ほど咲き続けるマミラリアに 他種の花も加わってきた 満月 その名の通りの形 花が白系なのもふさわしい 5号 長棘振武玉 この種としては大型 花は次々とかなり長期にわたって 紫系中芯の白花 4.5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の息吹 新しい花の開花準備 ツルビニカルプス 精巧殿 虫が並んでいるような棘 バラ丸 小さな花が並んだ様な棘 ハチオラ 猿恋葦 一般的なサボテンと イメージが異なるサボテンの一種 マミラリアは 2カ月も咲き続けている
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家のサボテン20

アストロフィツム系 2 紅葉鸞鳳 4号 頂点付近がオレンジ色になる 何時しか普通の碧鸞に しかし1,2年前に 一面だけ変色した経緯がある 来た時には頂上付近が オレンジ色だった 名前は紅葉碧鸞 徐々に色が抜け 17年春に突如として変化 翌年には元に戻った 17/4/3 瑞鳳兜 4号 多分交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〇〇錦と呼ばれる斑入りがある 一番手近にあるのは 緋牡丹錦だろうか 元々の緑色系の牡丹玉に 赤い班が入った その後 黄色や、オレンジ、ピンクなど さまざまな色が入れられて 赤黒というのもある 色の数では最大ではなかろうか 斑の色は 黄色系が多く 赤は少数派 なのに緋牡丹錦は 華やか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬来たりなば

早くも節分 この日の花 ひと頃ほどの賑わいはないが それでも 春らしい 最近のテレビの天気予報は かなりショウ化している気がする 2,3度の気温変化で 騒ぎすぎだろうと 個人的な感想 この表現もコマーシャルの見すぎか 暖かくなれば 花は自然に開く 最近のビニールハウスの気温 20日間の平均…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月の花

今シーズンは 花が遅いというか勢いがない 例年冬は マミラリアを主とする 花がかなり賑やか 株が年老いているのか 植え替え、肥料の不足か 玉翁 白蛇丸 白星 高砂 カルメナエ 白珠丸
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家のサボテン21

棘Ⅱ 神仙玉 フェロカクタス 5号 刈穂玉との区別は困難 銀鯱 マミラリア 名前だけ見れば 金鯱に対応しているが 5号 振武玉 エキノフォスロカクタス 同属でも特に長棘大型 4.5号 金冠竜 フェロカクタス 6号 鯱頭 フェロカクタス 6号 刈穂玉 フェロカクタス 5号 赤城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテンNo.22

綴化と石化 サボテン界では両方とも 「セッカ」と読む 前者は漢和辞典にも 広辞苑にも載っていない 後者もサボテン界で使用するものは 意味が少し異なる 綴化と石化は 現象が少々異なる 偶然の産物 同じ形はできにくい 生長点が点から線に変化したもの 成長するポイントが多いので 成長が早いとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家のサボテン19

棘 サボテンといえば 連想されるもの 棘も色々 立派な棘を見るためには 昼夜の寒暖差を大きくするという 我が家では 其処まではできず成り行き任せ 目についたものを 並べる 白蛇丸 マミラリア 4.5号 武倫柱 パキキケレウス 30cm角 身長125cm 胴径14cm 来た時は20cm…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

根 我が家のサボテン18

入鹿 マカエロケレウス 学名を eruca という 入鹿はこれのもじり 海のイルカとは関係ない 地を這う悪魔のニックネーム 長さ1~3m 根元は腐って消滅 先端に近い部分にも根が生える 従って徐々に前進する 他にも這うものは あるかも入れないが 若いうちは 直立させられる 長ずるにしたがって寝そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が家のサボテン17

群生株、多頭株 黄金丸 マミラリア 9号鉢 ほぼ一株 白竜丸 マミラリア 8号鉢 濃い赤色の花が僅かに咲く 金晃丸 マミラリア 8号鉢 4頭株で我が家へ 今年一年間ベランダで 水は雨水 棘無し短毛丸(大豪丸) 7号鉢 中央が親 次々と仔吹きする 白珠丸 マミラリア 7号鉢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家のサボテン16

今回強いて言えば玉形サボテンか 形と棘のバランスが良く気に入っているものも多い 6号鉢 新天地 ギムノカリキューム 天紫丸 ギムノカリキューム 天城 フェロカクタス 5号鉢 赤城 天城との区別が上手くつかない 4号鉢 武者影 テロカクタス セガラエ ギムノカリキューム 勇将…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が家のサボテン15

昨夜は0℃ 棘無し 棘の無いサボテンも結構ある まずアストロフィツム 鸞鳳玉、兜丸などは棘がない が同属でも、般若、大鳳玉などは棘がある 棘がないと思っているものでも 例えばロホホラ属 cv.に有刺鳥羽玉などというものがあるらしい 昔群仙園の屋上にも栽培室があったころ 島田さんが見つけられた と聞い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白毛(我が家のサボテン)

今回白髪のサボテン 我が家で一番大きい白髪 玉翁殿マミラリア 8号&3号 4.5号 白星マミラリア 7号 高砂マミラリア 4号 白星マミラリア 3.5号 シュワルジー マミラリア 5号 イネルミス 4.5号 翁丸&イネルミス ケファロケレウス&プセウドエスポストア …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

我が家のサボテン14

アストロフィツム属 棘のあるものと無いものがある 花は全て黄色 大きい順に 7号 鸞鳳玉 4稜から5稜へ 右の稜 もう少しで地面につく 7号 碧瑠璃鸞鳳玉 仔吹き 鸞鳳玉の仔吹きは珍しいのでは 我が家では他にはいない 親は5稜 仔は6稜と7稜 もうそろそろ外すべきか 7号 般若 僅かに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more